忍者ブログ
日常のつぶやき
2018 . 05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • MMDのお部屋更新しました。(女性向け3P)

    今回は当サイト「WorldⅡ」社会人編のイメージPVを作らせていただきました。

    前回のブラック忍様とは真逆の真っ白な忍さん、背中に羽根はえててもおかしくない忍さん、強くて優し過ぎる忍さん……(´;ω;`)

    小説書いた当時はまさか、リアルな映像で見れる日が来るとは思ってもみなかったので、出来上がった時は感無量でした。GW創作続けてて本当に良かったなぁ。

    5年以上続けてきて、人間的な未熟さ故に色々と迷走もしましたが、今となってはどれもこれも宝物みたいに大切な作品達ですので、今もなお当サイトに訪れて楽しんでくださる方がいてくださり、とても嬉しい気持ちでいっぱいです。

    これまで応援いただいた全ての訪問者様に、たくさんの感謝の気持ちを込めて作成しましたので、小説と合わせて楽しんでいただけたら嬉しいです(o^-^o)




    PR
    ■ この記事にコメントする
    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード
    Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    ■ コメント一覧
    凄まじい愛情が胸に痛いです・・(涙)
    今晩は、海月さん。・・今夜はまた、うんと泣かされてしまいましたですよう・・(´;ω;`)ウゥゥ

    WorldⅡ社会人編の2作は、初めて脳内colorful様にお邪魔させて頂いた時に読ませて頂いて、忍くんの慟哭シーンや、少し心が軋んで壊れて始めているような光流と忍くんが痛くて辛くて堪らなかったことを、今回PVを見つめながら思い出しました。今回、小説の「残響」をまた読み直して、そしてMMDの一瞬一瞬を見させていただいていたら、何だかもう、またもや涙です・・(号泣)

    子どもの頃から何も大切なものがなかった忍くん。初めて手に入れた大切なものが光流で、でもその光流に世界で一番幸せになって欲しいからこそ、自分から手を放すことが出来てしまう忍くん。手を離されてしまうことこそが光流には一番辛いってことに、何で忍くんは気づいてくれないのかなあと、正直に言いますと、小説の「残響」を読ませて頂いたときはそう思っていました。

    でも、改めて今回MMDという映像で、忍くんの表情や目線、疲れ果てても自分では休むことも出来ずに歩き続けるんだろう足取り・・そういったものを見ていて、一番大切なものを手放す気持ちって、一体どれだけ凄まじい愛情なんだろうと、普段にましてとても忍くんが愛しくなりました。やっぱり海月さんの忍くんが、私はとてもとても大好きだなぁ・・。
    でも、青空に吸い込まれて儚くなってしまいそうなシーンは、やっぱり胸に痛かったです(涙) あのあと、WorldⅡの世界に、忍くんのお尻に敷かれっぱなしで、ヘタレで可哀想で、でもとても可愛い光流と忍さんの30歳代編があることが分かっていなければ、もっと泣いていましたよう、海月さん(ノД`)・゜・。

    海月さんが5年以上の月日で積み上げてきて下さった沢山の素敵な創作に出会えてから、私はまだ半年とちょっとの新参者ですが、いつも優しい気持ちに触れることが出来る脳内colorfulさんが、本当に本当に大好きです! 感謝しながら眺めさせていただくばかりですが、これからも海月さんが生み出して下さる沢山のGWのみんなに会えることを心から願っています。いつも本当に幸せを有難うございます!
    青子さん / 2016/02/05(Fri) /
    ほんとは愛情深いお人ですよね忍さん(TдT)
    青子さん、毎度いらっしゃいませ!

    私もこのお話は、小説もMMDも泣きながら創作しました~(´;ω;`)
    映像にすると改めて切ないなぁ……でも美しいなぁ……と、心を込めて作成しましたので、涙してくださってありがたいです(´;ω;`)ブワッ

    もともと忍くんの成長が見たくて描き始めたWorldⅡなので、忍くんの自立のためにも「残響」はなくてはならないストーリーだったんですが、書かなきゃいけないけど書きたくなくて、だいぶ後の方に書いたのを覚えております。

    光流にとって何が一番必要かを解っているのに、男同士であるが故に絶対に与えられないものが一つだけあって、だからこそ自ら手を放した忍さん……切ないですよね(´;ω;`)
    「願うことさえ許されない世界」って、現実にもたくさん存在すると思うので、いつかそんな絶対的に在り得ない世界も現実になれば良いのになぁって、池田ファミリー見るたびに切実に思います(´;ω;`)

    でも自分の足でしっかり立っている30代編の忍さんなら、光流と二人きりでもきっと凄く幸せなんだろうな。いや幸せ通り越して残念な旦那と結婚したこと後悔してるかな(笑)とか思うと、あれはあれでやっぱり幸せなのかなぁとも思います(´∀`*) 忍さん強くなりすぎて光流はだいぶ可哀想ですが、健気に待ち続けたワンコに幸あらんことを願うばかりです(笑)

    自己満足だけでやってきたようなサイト活動ですが、これまで続けてきたからこそ新たな出会いもあり、青子さんにたくさんの幸せをいただき、続けてて本当に本当に良かったなぁと思います(#^_^#)
    こちらこそ感謝することしか出来ませんが、青子さんちのGWのみんなをとても楽しみにしています!
    当サイトも引き続きよろしくお願い致します!!(〃ω〃)
     (2016/02/06)
    泣きました…!。°(°`ω´ °)°。
    海月さん…!またまたありがとうございますっ!WorldⅡは私の人生のバイブルなのでもう感慨深くてたまらんです…!ああ!
    オープニングの、世界一美しい曲といっても過言ではない!リストの「愛の夢」からもう鳥肌…かつ、涙腺崩壊なんですけど!

    小説の「残響」は、いまだに読み返すと胃がキュゥゥゥンとなるくらい切ないんですが(だから割と元気な時しか読めないんですが)
    2人には必要だった経験…離れたことでより一層お互いへの想いを再認識して愛を深める…ってわかってるけれども…でもでもやっぱ切ない~~~~(>ω<。)
    それでもそれでも、「残響」を読んでから「心音」や「ceremony」を読むとより感動するので、やっぱり「残響」から読んでは胃をキュゥゥゥンとさせてるのです!

    そんな重要な転機である「残響」が…このように映像化されるともう…リアルにあの2人の存在を実感出来て身体中がキュゥゥゥンってなってます!
    心の底からジンジン来ます!
    ピアノ弾いて優しく微笑む忍の美しいこと美しいこと…何でしょうあの、吸い込まれるような透明感は。
    そして映像の隅々まで、校舎の一部や下駄箱まで彼らの匂いを感じるようでキュンキュンします。

    そして大人になって、荷物をまとめて部屋を去る忍、歌詞の通り「行かないで行かないで」って思いながら一人残された光流…
    ああ映像で見ると切なさがリアルです!
    忍も忍で「行かなきゃ」と決意したように一瞬目を見開いたのが辛い…でも美しい… 
    人というのは不思議なもので、苦しんでいる時ほど美しさが際立ってたりするんですよねぇ…でも忍にはやっぱり笑っていて欲しい~~~~
    「ああもう二度と戻れないの ここは始まりか終わりか」の忍がもう、優しくて美しくて儚くてほんっっっとに抱きしめたくなりますね…愛しい存在。

    同じく光流もいたたまれないほど傷ついていて、胸がギュゥゥゥゥッ!と締め付けられるような想いです!
    光流が一人で寝てて、一瞬、忍が腕の中にいるような錯覚をするシーンなんて相当~涙しますよ…

    忍が一人で旅してるシーンも美しくて…忍の本当の、魂の部分の、優しさとか美しさがよくよく現れています。

    こんだけ切なくても、最後に「またね」って少しだけ口元が笑ってたように見えたので…それがすごく救いになりました!
    それに、この動画の後、あの結婚式動画『HappyWedding』に繋がってると思うので♪心底悲しいばかりというわけではないです。
    すっごくイイ映画を見た後のような…心が現れたようなすっきりした気分でもあります。
    こんな素敵動画、本当に本当に感謝です!宝物です!ありがとうございました♪
    ちえまるさん / 2016/02/06(Sat) /
    共に泣いてください。゚(゚´Д`゚)゚。
    ちえまるさん、毎度いらっしゃいませ!!

    小説読んでくださってありがとうございます(´;ω;`)ブワッ
    オープニングはWorldⅠから、せっかく美しい音が楽しめるMMDなので、音と共にギムナジウムのごとく美しいシーンを形にしてみたくて作成させていただきました(o^-^o) 忍さんの弾くピアノ、きっと心の奥底にある綺麗な場所のままの音なんだろうなぁ……・:*:・(*´∀`*)ウットリ・:*:・

    「残響」は自身でも切なすぎて、泣きながら最後まで書き切った小説です(TдT)   
    寄り添うことも愛なら、手を放すことも愛で、忍さんは全ての愛を光流に捧げてるわけですが……だからこそ辛くて切ないですよね。゚(゚´Д`゚)゚。
    けれどやっぱり、一度は離れることが必要不可欠な光忍だと思うので、可愛い子には旅をさせろの想いで泣く泣く引き離した次第です(TдT)

    特に光流が……光流が捨てられたワンコのようで……っ。゚(゚´Д`゚)゚。
    もちろん捨てたわけでも捨てられたわけでもなく、深い愛情故に幸福を願って手を放した忍さんですが、光流はやっぱり捨てられたと思ってしまうんだろうなぁ……(´;ω;`)ブワッ
    そんな強くて優しくて美しい忍さん、映像にするとより感慨深くて、ああやっぱり凄く綺麗な人だなぁと愛しくてならなかったです(´;ω;`)ブワッ

    忍さんはこうと決めたら、光流以上に凄く強い人だと思うので、きっと一人でもしっかり歩き続けるのだろうなと思い、ラストは笑顔でお別れにしました。
    ここから数年後の「HappyWedding」、そりゃ光流も泣かずにはいられないというものですよね(TдT) 

    健気に待ち続けた光流の深い愛も成就して良かったね……と思うと共に、もう絶対に二度と何がなんでも手放さないという凄まじい執着も発生しそうでちょっと怖いんですが(笑)、強くなった忍さんならそんなDV旦那も軽く手の平で操るのかなと思います( ̄m ̄* )

    これまでのたくさんの想いを込めて作成した動画、宝物とまで言っていただけて凄く凄く幸せです!!!(〃ω〃)  頑張って作ってほんとに良かったです~!ヾ(〃^∇^)ノわぁい♪
    ちえまるさん、いつも多くの声援をいただき、本当に本当にありがとうございます!!!これからもよろしくお願いしますです(*´∇`*)
     (2016/02/06)
    拝読しました!
    こんばんは、「残響」と「月光」拝見しました。
    すかちゃんや正に赤ちゃんが出来ていき、自分には何も残せないと悩む忍。切ないです…
    かわいさんが光流を思っていると知り、留学を決意します。
    光流と同じ財布が欲しいところや、かわいさんと会ってからのモヤモヤして光流に迫っちゃうとこが人間くさくてよかったです。
    「月光」
    は、光流の彼女目線からですね。
    少し酷いえっちをする光流ですが、ちゃんと忍の思い出のカップを守ろうとするところがじんときました。捨てられた立場が切ない…!
    この続きは、瞬編に入ってるのかな?

    動画はピアノのシーンが高校の時の話を映像化されたんだな、と思いました。
    忍の笑顔が素敵です!
    外国の舞台のような話だな、(好み)と思ってましたが、映像化されるとちゃんと日本の学校でしたね。作者の海月さんには、明確なビジュアルがあるのだなー、と感心しました。

    小説と動画、どちらも楽しめました。
    ありがとうございました‼
    きよにゃさん / 2016/02/08(Mon) /
    ありがとうございます♪
    kiyonyaさん、毎度いらっしゃいませ!

    小説の方読んでくださってありがとうございます(*^^*)
    男同士であるが故の切なさがBLの醍醐味の一つかなぁと思うので(実際のゲイの方には大変失礼な物言いですが;;)、そういった切なさを味わっていただけたら本望です~。
    原作ではあまり見られない忍の人間くさい部分、ほんとはいっぱいあるんじゃないかと思います(#^_^#)

    「月光」は、お相手の女性達に大変申し訳ない気持ちで書いたのを覚えております~(TдT)おまえら周囲に迷惑かけるのも大概にしろよ!!( ゚皿゚)キーッ!!みたいな(笑)
    そんな想いで書いたのが続きの瞬編だったりするので、瞬君が切なすぎて泣きました(TдT)

    ピアノシーンの忍の笑顔は完全に作ったものと思われますが(;´Д`)、最初は光流も騙されて一目惚れしてたら嬉しいなぁと思います(笑)
    頭の中でぽやんとビジュアルはあったものの、実際に映像化したらやっぱり思った通りにはいかず、多少の違いは出てきちゃいますね~(;´∀`) でもこれはこれでとっても満足しております(o^-^o)

    合わせて楽しんでいただけて良かったです!
    いつも嬉しいお便り、どうもありがとうございます(≧∇≦)
     (2016/02/08)
    制服を脱がさないで HOME 幸せの話
    Copyright © Garden All Rights Reserved
    Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
    忍者ブログ / [PR]